■NEW!

 

最新の展示会情報は

ブログにて♪

↑画像をクリック

ブログへつながります♪

 

 

 

常設展示作品紹介
   
閉会した展示会
平成24年10月25日以降から 現在までの展示会は ブログにてご紹介しております。
 

 

平成24年〜

ステンドグラス工房
 HARBOR LIGHT
「手づくりのステンドグラス展」
第2回 木村好博 陶展  「暮しの中の器展」
柳瀬和之 作陶展 【つむぐ世界】I 編む joy
野生の温かみ・心のソファ・人間在中、イキモノ展
コーヒーをいっぱい楽しもう!!展
金津創作の森ガラス工房
EZRA GLASS STUDIO
作品展
加藤すみ子
ろうけつ染画展
〜バティックに惹かれつづけて〜
HISA展 お母さんの詩
「あなたに逢えた喜びを
消すような 悲しみは
どこにもない」
島田明依New水墨画展
−初夏へのメッセージ−
吉川浩市 木彫展
〜自然をモチーフとした木彫アート〜
石川雅夫×中西惠美子
 「草木染と染織」展
うるしの器+酒器+ぐいのみ展
越前和紙展
〜和紙を気軽に使おう〜
えとの「たつ」展
 

 

平成23年〜

灯り展
−温かな光につつまれる暮し−
薪窯から
生まれる器たち展
伊藤順康(のぶやす)
作陶展
チャリティ写真展
「ココロほっこり展」
秋色をさがす
柳瀬和之作陶展
お茶碗・湯のみ・
マグカップ展
市川孝一・市川晶子
「硝子二人展」
ふくい若手てづくり展
−和紙・漆・刃物・焼き−
高山和夫 色絵展
中田明守
九谷「暮らしの陶芸」展

アイエムヒロシ+
小早川眞理子= 二人展

木村好博
陶展「暮らしの中の器展」

春をまとう
草木染+染織展

越前和紙展
〜ふくいの紙〜
越前和紙の技と職人

6周年企画
えとの「うさぎ」展

 

 

平成22年〜

華の器たち

津村猛 作陶展

いろんな器展

〜毎日の道具〜

rakugakiya yu+hisa
ふたご展 2010

大森正人 作陶展

New水墨画 島田明依展 −夏―

韓国ポジャギ

金井雅子展

籐の四季

籐で彩る…エトセトラ

京刺繍

岡本浩次 小品展

書彩展 ―彩の煌き― 

(しょさいてん

−いろどりのきらめきー)

「草と蔓のあそび」

―信楽の土味―

迫 能弘・直美  陶展

陶「和工房」

手びねり器展

中西惠美子 
−「花の詩」展−

中西惠美子 
−「情熱の華」展−

越前和楽

柳瀬和之 作陶展

エズラグラススタジオ
作品展
 

 

平成21年〜

越前和紙とえとの「とら」
稲井田勇二 日本画展
布花とリアル盆栽展
英国アンティーク家具展
〜バティックに魅せられて〜加藤すみ子 ろうけつ染画展
レジン&るーぷアート 
"さりげなく個性を!"
四季おりおりを花にのせて展
I.M.Hiroshi
お日さまの画家2009
Fukui展
硝子の彩2009
織りと染め展 〜桜咲くころ〜
ラクジュアリー空間
―タワーグランデCHAアートギャラリー特別展―
けやき・木の器展
 

 

平成20年〜

越前和紙とえとの「うし」
池田仁嗣 近作展(いけだじんし きんさくてん)−花と風景−
New水墨画
あかりと花の器展
金津創作の森ガラス工房エズラグラススタジオ作品展
越前和紙とてんとう虫展
ホッペちゃん達と山ぶどうのつる」展
色いろ展 ―漉き・焼き・織り―
現代工芸福井会 小品展
大森正人 作陶展

石川雅夫とくさぎの会
草木染作品展 −春の風にさそわれて−

「草と蔓のあそび」
 

 

平成19年〜

越前和紙とえとの「ね」

そばsoba展−そばの道具・蕎麦の器−
あかりと花と食の器展part2
つかいたくなる陶の器展

"だいじょうぶ いつもいっしょだよ" 木版画とレーザー彫刻展

硝子の彩 2007

(財)池田屋 木の里工房 池田渋塗工芸展
ステンドグラス&モザイク展-透明と不透明-
ふくい現代工芸作家展13人展
草木染・染織−春の風に吹かれて−
セレクト・コレクト・小作品展 −飾る、見つける、アートに出会う−

さをりと和紙−心のままの織り・漉き展−

 

 

平成18年〜

越前和紙展
「漆琳会(しつりんかい)」−麗(うるわ)しき漆展−

椿窯 五島哲展

陶「和工房」あかりと花と食の器展
「森のガラス展」
「北海道民芸家具」
「ふくい現代工芸作家13人展」

前(まえ) 壽則(ひさのり) 展

wan展 -碗・椀-
「春の装い展−染織・七宝・籐−」
「 内藤堯雄(たかお)展 」
「辻灯りと新作展」
 

 

平成17年〜

「ふくい現代工芸作家18人展」
「人間国宝 芹沢_介展」
「木工と漆の工芸作家展」
「硝子の彩」
「どーぐ箱+ラクガキ屋 展」
「金津創作の森在住作家展」
「福井県若手陶芸作家展」
「灯りの工芸作家展」

「木のかおり 森林(もり)の香り展

「染織と七宝の輝き展」
「越前和紙と漆器のコラボレーション」
「食の文化を支える 打刃物展・陶器展」
「ふくい工芸作家18人展」

「金津創作の森在住作家展」

JR芦原温泉駅からタクシーで約10分程のところ、あわら市の広大な森の中で、7人の作家が独自の創作活動を続けています。『金津創作の森』です。7人の作家はそれぞれ森の中に居を構え、アトリエやギャラリーを持っています。

絵画、竹工芸、陶芸、ガラス造形、茶釜、ろうけつ染画と色々なジャンルで活躍されています。そして、その作家達と作家連絡会の顧問をしている志田彌廣を含めた8人のユニークな作品を一堂に集めて展示即売をさせて頂きます。地元作家への温かいご支援を心からお願い申し上げます。

○出展作家


画家

I.M.Hiroshi

陶芸家

大森 正人

志田 彌廣

釜師

木村 肇次郎

染画家

加藤 すみ子

ガラス工芸作家

山野 宏

竹工芸師

山田 信雄

陶芸家

松井 勝彦

■通信販売の法規(訪問販売法)に基づく表示
※ご購入には別途送料がかかります。

画像をクリックにて拡大画像が表示されます。

 
   

出展作家:I.M. Hiroshi  画家&九谷焼    アトリエ名:I.M.Hiroshiアトリエ

 

1994年 福井県福井市生まれ
1968年 慶応義塾大学法学部政治学科卒業
1969年 サントリー大阪本社入社
(〜1972年退社)
1974年 渡仏、パリに住みヨーロッパ各地
     を放浪
スペインに住み活躍
1987年 渡米、ニューヨークに住み活躍
ソーホにて個展開催
1990年 ロサンゼルスに住み、個展開催
1995年 I.M.HiroshiおひさまMuseumKANAZ
開館(現在は様々な作品を生み出す
アトリエとしている)伊勢丹
新宿本店にて、
個展開催
1999年 九谷焼上絵付「滝彩窯」開窯
2000年 金津創作の森にI.M.Hiroshi森の
美術館開館
2003年 福井市に自社ビル
「カサブランカビル」デザイン建設
2004年 同ビル1Fに文化ギャラリー併設
ビストロ・モンナリッサの森」
     開店
2005年 「I.M.Hiroshiホームページ開設
http://www.i-m-hiroshi.com

 

右 「九谷焼 滝彩Hiro窯 上絵付30.5cm 
額付窓辺の家族三重奏(南スペイン)」


色彩がとてもきれいで、見ているだけで楽しくなる
作品です。額付なので安心してどこにでも飾れます。




   
左 「九谷焼 滝彩Hiro窯 染付金彩
カップ&ソーサー 富士山望遠の図」

日本のシンボル富士山が描かれている、
素敵な作品を眺めながらゆったりと
コーヒーを楽しんで。


出展作家:志田彌廣(みつひろ)  画家

 

1929年 福井県あわら市生まれ
1929年 金沢美術工芸大学 日本画科を
卒業
1929年 猪熊弦一郎に師事
    (新制作展に出品)
1929年 福井県文化功労賞を受ける
福井県文協絵画造形部門実行委員
金津創作の森 財団理事

   

左  「あゆ」

とてもすずしげに、楽しげに、
二匹のあゆが泳いでいます。


   
右 「来る時、去る時」

プレゼントに最適です。


出展作家:大森正人  陶芸家   工房名:陶彩窯

1975年 静岡県富士市生まれ
1979年 鈴木道雄氏に師事する
1985年 福井県坂井郡
1986年 坂井町に築窯
1988年 ギャラリー大八木(銀座)個展
1983年 福井県坂井郡金津町に移築
     窯パレ・ブラン
高志会館(富山)個展
1997年 ギャラリー神通(青山)個展
1998年 桃林堂ギャラリー(青山)個展
1999年 桃林堂ギャラリー(青山)個展
近江合掌館(栃木)個展
ギャラリーストラダ(心斎橋)
     個展
2000年 桃林堂ギャラリー(青山)個展
GALLERY北野坂(神戸・三宮個展
CoCoRoCCo
ギャラリー(神戸・六甲)個展
2001年 桃林堂ギャラリー(青山)個展
スペース みき(倉敷)個展
2002年 ギャラリー アルトラ(金沢)
     個展
2003年 桃林堂ギャラリー(青山)個展
自由空間 アートの庭(国立)
     個展

現在、土のぬくもりが感じられるような作品を心がけ個展を中心に活躍中です。

   
右  「越前焼締 掛花入」

壁に掛けるタイプの花入です。
場所を取らないのでスッキリお花を飾れますよ


   
左 「越前焼締 波彫文皿」

いろんな料理を自分流に盛り付けて、
楽しんでお使い下さい。


出展作家:松井勝彦  陶芸家    工房名:青ノ木窯

 

昭和30年9月 福井県丸岡町に生まれる
昭和56年   沖縄読谷山(よみたんざん)窯
金城明光氏について修業
昭和60年   福井県丹生郡宮崎村大谷に
       築窯
平成元年9月 福井県立美術館
「越前陶芸展」 出品
平成元年12月 名古屋ギャラリー「茜」
       にて個展
平成2年7月  福井 遊悠文庫にて個展
平成10月   東京 ヤチムン工芸にて個展
平成3年3月  東京 西武池袋店にて
「越前陶芸展」出品
平成4年9月  非本六古窯陶芸選抜展出品
平成5年7月  福井県立美術館
「越前陶芸展」出品
平成6年7月  名古屋 三越にて個展
平成7年   アラバマ州バーミンガム
美術館において
       「越前焼アメリカ展」 出品
平成4月   東京 広尾「ギャラリー旬」       にて個展
平成10月   日本橋高島屋にて二人展
「金津創作の森」入居 
       穴窯築窯
平成11年4月 東京 広尾「ギャラリー旬」
にて「越前焼メ展」
平成14年1月 東京 渋谷「炎色野」
       にて個展
平成17年   アメリカ越前焼展出品

   
左  「線彫 六寸鉢」

とても、青かきれいな作品です。
持ちやすく、深皿になっているので
お出汁の入ったお料理の盛り付けにも使えますよ。

   
「焼締 花入」

シンプルな花入です。いろんなお花を飾って。


出展者:加藤すみ子  染画家    工房名:葉室
 

 

1937年   福井県福井市生まれ
1948年   中学校入学と同時に油絵を
      始める
各種美術展等に各数年間連続
出展 (福井・東京)
1973年〜  ろうけつ染画を始める
1993〜96年 インドネシアへ留学、
ジャワ更紗・ろうけつ染画
      研修。留学中個展、
グループ展(ジョクジャカルタ)
1999年   金津創作の森入居
2000年〜 「森の作家とその仲間たち展」
(金津創作の森)他
2003年   ろうけつ染画 加藤すみ子展
「生」(福井市美術館)等
2003年   葉室ろうけつ染画塾・葉室
ろうけつ染クラブ主宰

   
「藍と刈安のハンカチ」

これからの季節には特にハンカチは必需品ですよね。
大判のハンカチなので使いやすいです。


   
「コースター」5枚組

ろうけつ染のコースター5枚組の
セットになっています。

出展者:木村肇次郎  釜師    工房名:如是庵

 

1937年 京都府京都市生まれ
1974年 谷口宗絹氏、日展審査員
横倉嘉山氏に師事
独立し、釜の創作を始める
1981年〜日本花器・茶器美術工芸展佳作賞
を受賞以後、受賞多数
1999年 金津創作の森入居
現在  越前芦屋釜の復興を目指して日夜
研究中

   
左 炉釜(ろがま)浜松(はままつ)地紋(じもん)尾垂釜(おだれがま)(からかねふたつき)

全てを手作りで、丹精込めて
作り上げられた作品です。


   
右  「風炉(ふろ)雷文(かみなりもん)一文字釜(いちもんじがま)(からかねふたつき)」

兼六園茶道具展 北國新聞社社長賞受賞作品

出展作家:山田信雄  竹工芸    工房名:創竹

1942年 福井県丸岡町に生まれる
1967年 瓦当や篆刻に魅せられ、金津町
浅田七衛門氏の瓦制作工房にて
瓦当・篆刻を学ぶ
1973年 自宅(丸岡町)に工房を設け、
瓦当や
篆刻の花入れ・床飾りの作品に
勤める
1989年 越前竹人形の第一人者、
師田黎明氏を師事し、
竹人形の道に入る
1995年 丸岡にて独立
全国土産審査会(東京)にて、
日本商工会会頭賞受賞をはじめ
6作品展に入賞・入選
1996年 越前竹人形 暫金時、武者公達、
寿三番叟を発表  
1997年 越前丈人形 めばえ、乙女心、
     手紙を発表
1998年 芦原市(現あわら市)
夢まち委員会委員になる
1999年 金津創作の森入居、竹工芸工房
「創竹」を設立 越前丈人形 
雪国、紅葉狩、聴春を発表
2001年 茶道具、竹香合を創作、笹ほたる
等多数発表
竹工芸品、竹香合の先駆けとして
創作に努める
2004年 水上文学、若州一滴文庫に一摘塾
     講師を務める 竹工芸、盆庭、
つくばい専用ギャラリー開設
越前竹人形 雪椿、宵宮、観月、
雪中花を発表
   
右 「盆庭」

お花を生けて楽しんで。


   
左  「つくばい」

お持ちの盆栽、
こけだまなどを一緒において楽しんで。
小さな庭がお部屋で楽しめます。

出展作家:山野宏  ガラス工芸作家

 

1956年 福岡県久留米市生まれ
1981年 中央大学文学部史学科卒業
1998年 ロチェスター工科大学大学院美術
科ガラス工芸専攻卒業
1991年 PILCHUCK GLASS SCHOOL講師
     (N.Y/アメリカ)
以降隔年同校講師を努める
コーニングガラス美術館コラウ
大賞受賞(N.Y/アメリカ)
1993年 日本のガラス展 
     朝日新聞社長賞受賞
(小田急美術館/東京)
1997年 個展 HELLER GALLERY
    (N.Y/アメリカ)
1999年 個展 MARX SAUNDE'S GALLERY
(シカゴ/アメリカ)
2000年 個展 HELLER GALLERY
    (N.Y/アメリカ)
現在  エズラグラススタジオ代表
大阪芸術大学工芸科助教授
BLOW硝子塾校長

   
左 「FromEastToWest 片口」

ぱっと見は陶器のように見えますが
ガラスの作品です。ぐいのみとペアでどうぞ。

   
右 「FromEastToWest ぐいのみ」

よく見るとお魚が笑ってみえる作品です。
プレゼントにいかがでしょうか。

 

 

イベントTOP