■NEW!

 

最新の展示会情報は

ブログにて♪

↑画像をクリック

ブログへつながります♪

 

 

 

常設展示作品紹介
   
閉会した展示会
平成24年10月25日以降から 現在までの展示会は ブログにてご紹介しております。
 

 

平成24年〜

ステンドグラス工房
 HARBOR LIGHT
「手づくりのステンドグラス展」
第2回 木村好博 陶展  「暮しの中の器展」
柳瀬和之 作陶展 【つむぐ世界】I 編む joy
野生の温かみ・心のソファ・人間在中、イキモノ展
コーヒーをいっぱい楽しもう!!展
金津創作の森ガラス工房
EZRA GLASS STUDIO
作品展
加藤すみ子
ろうけつ染画展
〜バティックに惹かれつづけて〜
HISA展 お母さんの詩
「あなたに逢えた喜びを
消すような 悲しみは
どこにもない」
島田明依New水墨画展
−初夏へのメッセージ−
吉川浩市 木彫展
〜自然をモチーフとした木彫アート〜
石川雅夫×中西惠美子
 「草木染と染織」展
うるしの器+酒器+ぐいのみ展
越前和紙展
〜和紙を気軽に使おう〜
えとの「たつ」展
 

 

平成23年〜

灯り展
−温かな光につつまれる暮し−
薪窯から
生まれる器たち展
伊藤順康(のぶやす)
作陶展
チャリティ写真展
「ココロほっこり展」
秋色をさがす
柳瀬和之作陶展
お茶碗・湯のみ・
マグカップ展
市川孝一・市川晶子
「硝子二人展」
ふくい若手てづくり展
−和紙・漆・刃物・焼き−
高山和夫 色絵展
中田明守
九谷「暮らしの陶芸」展

アイエムヒロシ+
小早川眞理子= 二人展

木村好博
陶展「暮らしの中の器展」

春をまとう
草木染+染織展

越前和紙展
〜ふくいの紙〜
越前和紙の技と職人

6周年企画
えとの「うさぎ」展

 

 

平成22年〜

華の器たち

津村猛 作陶展

いろんな器展

〜毎日の道具〜

rakugakiya yu+hisa
ふたご展 2010

大森正人 作陶展

New水墨画 島田明依展 −夏―

韓国ポジャギ

金井雅子展

籐の四季

籐で彩る…エトセトラ

京刺繍

岡本浩次 小品展

書彩展 ―彩の煌き― 

(しょさいてん

−いろどりのきらめきー)

「草と蔓のあそび」

―信楽の土味―

迫 能弘・直美  陶展

陶「和工房」

手びねり器展

中西惠美子 
−「花の詩」展−

中西惠美子 
−「情熱の華」展−

越前和楽

柳瀬和之 作陶展

エズラグラススタジオ
作品展
 

 

平成21年〜

越前和紙とえとの「とら」
稲井田勇二 日本画展
布花とリアル盆栽展
英国アンティーク家具展
〜バティックに魅せられて〜加藤すみ子 ろうけつ染画展
レジン&るーぷアート 
"さりげなく個性を!"
四季おりおりを花にのせて展
I.M.Hiroshi
お日さまの画家2009
Fukui展
硝子の彩2009
織りと染め展 〜桜咲くころ〜
ラクジュアリー空間
―タワーグランデCHAアートギャラリー特別展―
けやき・木の器展
 

 

平成20年〜

越前和紙とえとの「うし」
池田仁嗣 近作展(いけだじんし きんさくてん)−花と風景−
New水墨画
あかりと花の器展
金津創作の森ガラス工房エズラグラススタジオ作品展
越前和紙とてんとう虫展
ホッペちゃん達と山ぶどうのつる」展
色いろ展 ―漉き・焼き・織り―
現代工芸福井会 小品展
大森正人 作陶展

石川雅夫とくさぎの会
草木染作品展 −春の風にさそわれて−

「草と蔓のあそび」
 

 

平成19年〜

越前和紙とえとの「ね」

そばsoba展−そばの道具・蕎麦の器−
あかりと花と食の器展part2
つかいたくなる陶の器展

"だいじょうぶ いつもいっしょだよ" 木版画とレーザー彫刻展

硝子の彩 2007

(財)池田屋 木の里工房 池田渋塗工芸展
ステンドグラス&モザイク展-透明と不透明-
ふくい現代工芸作家展13人展
草木染・染織−春の風に吹かれて−
セレクト・コレクト・小作品展 −飾る、見つける、アートに出会う−

さをりと和紙−心のままの織り・漉き展−

 

 

平成18年〜

越前和紙展
「漆琳会(しつりんかい)」−麗(うるわ)しき漆展−

椿窯 五島哲展

陶「和工房」あかりと花と食の器展
「森のガラス展」
「北海道民芸家具」
「ふくい現代工芸作家13人展」

前(まえ) 壽則(ひさのり) 展

wan展 -碗・椀-
「春の装い展−染織・七宝・籐−」
「 内藤堯雄(たかお)展 」
「辻灯りと新作展」
 

 

平成17年〜

「ふくい現代工芸作家18人展」
「人間国宝 芹沢_介展」
「木工と漆の工芸作家展」
「硝子の彩」
「どーぐ箱+ラクガキ屋 展」
「金津創作の森在住作家展」
「福井県若手陶芸作家展」
「灯りの工芸作家展」

「木のかおり 森林(もり)の香り展

「染織と七宝の輝き展」
「越前和紙と漆器のコラボレーション」
「食の文化を支える 打刃物展・陶器展」
「ふくい工芸作家18人展」

「 人間国宝 芹沢_介展 」

 静岡県に生まれ、東京高等工業学校(現・東京工業大学)で図案を学んだ芹沢_介 明治28年−昭和59年(1895−1984)は、昭和の初めに柳宗悦の『工藝の道』を読んで深い感銘を受け、以後、柳を師と仰いで行動を共にした。富本憲吉や濱田庄司が審査員をしていた国画会工芸部の出品作を通じて芹沢を知った柳は、創刊された雑誌『工藝』の表紙を芹沢に依頼し、また誌面でこの作家の模様と色彩感覚の才能を称賛している。「模様を切り集める人は澤山あつても、模様を生める人、模様をこなせる人、模様を活かし切る人」は「染物の領域では芹沢一人」であるとして、その抜きん出た独創性を評価した。

 琉球の伝統的染色技術である紅型に学びつつ、型染の技法を活かした鮮やかな色彩と大胆なデザインにより、昭和31年には重要無形文化財「型絵染」保持者に認定されている。とりわけ、着物・帯・暖簾・布団地など日常の実用品から、屏風・衝立・掛け軸・額絵など鑑賞的性格のものまで、幅広い作品形式を手掛け、さらに書物の装丁から建築物の内装まで、人間の生活にかかわるあらゆる分野に仕事の領域を広げた。

 人々の暮らしをトータルにコーディネートしうる芹沢のマルチな仕事の幅は、柳の「実用性」という理念を、柳が想定した以上に、立体的に展開し得る可能性を示したものといえるよう。

 倉敷の大原美術館の中にある工芸館6棟(古民家を移築)の設計、建築から展示に至るまで、すべての仕事は芹沢が寝食を忘れて成し遂げたものである。また、芹沢の多くの作品は限定出版され、各地の美術館をはじめ全国の愛好家に所蔵されている。代表作を含めその一端を、展示致します。

ご高覧下さることを心からお願い申し上げます。

  (故、椿夏子 遺作コーナーを設けております)

■通信販売の法規(訪問販売法)に基づく表示
※ご購入には別途送料がかかります。

画像をクリックにて拡大画像が表示されます。

   
芹沢_介 作  
芹沢_介略年譜  
明治28年(1895) 5月13日 静岡市に生まれる。
大正 5年(1916) 東京高等工業学校図案科卒業。
昭和 3年(1928) 沖縄の民芸品、特に紅型の瞠目する。
昭和 6年(1931) 雑誌『工藝』創刊され表紙を一ヵ年受け持つ。
  その型染布表紙は装幀の仕事への端緒となる。
昭和31年(1956) 型絵染で重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定される。
昭和51年(1976) 文化功労者となる。パリ国立グランパレで「芹沢_介展」を開催
昭和59年(1984) 4月5日逝去。(88歳)正四位勲二等端宝章を受賞。
   
今回の芹沢_介の作品は『ぎんざ たくみ』より作品をお借りしております。
http://www.ginza-takumi.co.jp
   
   

法然上人絵伝

 芹沢による「法然上人絵伝」は、昭和十三年十一月、その試作が、上人の「御影」の試作三図と共に、日本民藝館の大蔵会に展覧され、民藝の同人や宗門の人たちに高い評価を得た。

冊子「たくみ」第9号より

 

左  法然上人絵伝 第十六
「高倉天皇御受戒」

 

合羽摺(台箋付)

サイズ 65×55cm



右 法然上人絵伝 第七
「登壇受戒」

 

合羽摺(台箋付)

サイズ  66.5×55cm


極楽から来た

昭和三十年代以後の芹沢_介の物語絵の中で、もっとも人気を博したのは「極楽から来た」である。この物語は佐藤春夫原作による小説で昭和三六年六月から半年間、芹沢による挿絵とともに朝日新聞朝刊に連載されたのであった。

                     冊子「たくみ」第10号より

左 極楽から来た「法然上人像」

 

額付 型絵染

(長介シール)

サイズ 38×46cm


右 極楽から来た

「式子内親王御落飾」

 

額付 型絵染

(印 せ)

サイズ 46×37.5cm


【拡大】

左 極楽から来た

「後白河院 五十の後賀」

 

額付 型絵染

(印 せ)

サイズ 46×37.5cm

右 極楽から来た

「口熊野田辺の宿」

 

額付 型絵染

サイズ 38×33cm



【拡大】

中国忍者伝 十三妹(しいさんめい)

芹沢_介が手がけた挿絵は、武田泰淳原作による小説「十三妹」である。この作品は昭和四十年七月から十二月末にかけて朝日新聞朝刊に連載されたのであった。この年芹沢は七十歳、もっとも円熟しきった時であった。

                 
冊子「たくみ」第11号より
 

左 十三妹

「お祭りさわぎ」

 

額付 型絵染

(長介シール)

サイズ 39×34cm

右 十三妹

「活気漲る厨房」

 

額付 型絵染

サイズ 39×34cm

左 「いろは」(絹紬)

 

額付 型絵染

(高島屋百周年記念シール)

サイズ 50×86cm


右 「浦島太郎」

 

額付 型絵染

(長介シール)

サイズ 62×64cm


左 板絵

「魚ハ泳ゲド」

 

(長介シール)

右 板絵

「梵字」

 

(長介シール)

左 型染絵「壺に寿文」和紙

 

額付 型染絵

(長介シール)

サイズ 47×54cm


右 小間絵「葉とくい」

 

額付 型染絵

サイズ 25.5×32cm


左 着彩小品「まりと人形」

 

額付 型染絵

サイズ 25.5×32cm


右 型絵手彩色 かるた絵

「とびら入るや出づるや」額付

 

かるた絵

サイズ 27×33.5cm

左 型染のれん「唐草文」(手織木綿)

 

(長介シール)

藍色がとても素敵な作品です。

サイズ 77×105cm


右 燐票 丸額入り

 

マッチの箱のデザイン画です。

サイズ 14×14cm


椿夏子 作
 

左 「花太鼓 ホオヅキ」

サイズ 12.5×12.5


右 「モスクワの赤の広場 聖ワシリー寺院」

約 幅10cm×奥10cm×高さ8cm



   

左 「貝がらのシラベ」



   

 

イベントTOP