■NEW!

 

最新の展示会情報は

ブログにて♪

↑画像をクリック

ブログへつながります♪

 

 

 

常設展示作品紹介
   
閉会した展示会
平成24年10月25日以降から 現在までの展示会は ブログにてご紹介しております。
 

 

平成24年〜

ステンドグラス工房
 HARBOR LIGHT
「手づくりのステンドグラス展」
第2回 木村好博 陶展  「暮しの中の器展」
柳瀬和之 作陶展 【つむぐ世界】I 編む joy
野生の温かみ・心のソファ・人間在中、イキモノ展
コーヒーをいっぱい楽しもう!!展
金津創作の森ガラス工房
EZRA GLASS STUDIO
作品展
加藤すみ子
ろうけつ染画展
〜バティックに惹かれつづけて〜
HISA展 お母さんの詩
「あなたに逢えた喜びを
消すような 悲しみは
どこにもない」
島田明依New水墨画展
−初夏へのメッセージ−
吉川浩市 木彫展
〜自然をモチーフとした木彫アート〜
石川雅夫×中西惠美子
 「草木染と染織」展
うるしの器+酒器+ぐいのみ展
越前和紙展
〜和紙を気軽に使おう〜
えとの「たつ」展
 

 

平成23年〜

灯り展
−温かな光につつまれる暮し−
薪窯から
生まれる器たち展
伊藤順康(のぶやす)
作陶展
チャリティ写真展
「ココロほっこり展」
秋色をさがす
柳瀬和之作陶展
お茶碗・湯のみ・
マグカップ展
市川孝一・市川晶子
「硝子二人展」
ふくい若手てづくり展
−和紙・漆・刃物・焼き−
高山和夫 色絵展
中田明守
九谷「暮らしの陶芸」展

アイエムヒロシ+
小早川眞理子= 二人展

木村好博
陶展「暮らしの中の器展」

春をまとう
草木染+染織展

越前和紙展
〜ふくいの紙〜
越前和紙の技と職人

6周年企画
えとの「うさぎ」展

 

 

平成22年〜

華の器たち

津村猛 作陶展

いろんな器展

〜毎日の道具〜

rakugakiya yu+hisa
ふたご展 2010

大森正人 作陶展

New水墨画 島田明依展 −夏―

韓国ポジャギ

金井雅子展

籐の四季

籐で彩る…エトセトラ

京刺繍

岡本浩次 小品展

書彩展 ―彩の煌き― 

(しょさいてん

−いろどりのきらめきー)

「草と蔓のあそび」

―信楽の土味―

迫 能弘・直美  陶展

陶「和工房」

手びねり器展

中西惠美子 
−「花の詩」展−

中西惠美子 
−「情熱の華」展−

越前和楽

柳瀬和之 作陶展

エズラグラススタジオ
作品展
 

 

平成21年〜

越前和紙とえとの「とら」
稲井田勇二 日本画展
布花とリアル盆栽展
英国アンティーク家具展
〜バティックに魅せられて〜加藤すみ子 ろうけつ染画展
レジン&るーぷアート 
"さりげなく個性を!"
四季おりおりを花にのせて展
I.M.Hiroshi
お日さまの画家2009
Fukui展
硝子の彩2009
織りと染め展 〜桜咲くころ〜
ラクジュアリー空間
―タワーグランデCHAアートギャラリー特別展―
けやき・木の器展
 

 

平成20年〜

越前和紙とえとの「うし」
池田仁嗣 近作展(いけだじんし きんさくてん)−花と風景−
New水墨画
あかりと花の器展
金津創作の森ガラス工房エズラグラススタジオ作品展
越前和紙とてんとう虫展
ホッペちゃん達と山ぶどうのつる」展
色いろ展 ―漉き・焼き・織り―
現代工芸福井会 小品展
大森正人 作陶展

石川雅夫とくさぎの会
草木染作品展 −春の風にさそわれて−

「草と蔓のあそび」
 

 

平成19年〜

越前和紙とえとの「ね」

そばsoba展−そばの道具・蕎麦の器−
あかりと花と食の器展part2
つかいたくなる陶の器展

"だいじょうぶ いつもいっしょだよ" 木版画とレーザー彫刻展

硝子の彩 2007

(財)池田屋 木の里工房 池田渋塗工芸展
ステンドグラス&モザイク展-透明と不透明-
ふくい現代工芸作家展13人展
草木染・染織−春の風に吹かれて−
セレクト・コレクト・小作品展 −飾る、見つける、アートに出会う−

さをりと和紙−心のままの織り・漉き展−

 

 

平成18年〜

越前和紙展
「漆琳会(しつりんかい)」−麗(うるわ)しき漆展−

椿窯 五島哲展

陶「和工房」あかりと花と食の器展
「森のガラス展」
「北海道民芸家具」
「ふくい現代工芸作家13人展」

前(まえ) 壽則(ひさのり) 展

wan展 -碗・椀-
「春の装い展−染織・七宝・籐−」
「 内藤堯雄(たかお)展 」
「辻灯りと新作展」
 

 

平成17年〜

「ふくい現代工芸作家18人展」
「人間国宝 芹沢_介展」
「木工と漆の工芸作家展」
「硝子の彩」
「どーぐ箱+ラクガキ屋 展」
「金津創作の森在住作家展」
「福井県若手陶芸作家展」
「灯りの工芸作家展」

「木のかおり 森林(もり)の香り展

「染織と七宝の輝き展」
「越前和紙と漆器のコラボレーション」
「食の文化を支える 打刃物展・陶器展」
「ふくい工芸作家18人展」

「 辻灯りと新作展 」

福井はいにしえからの陶芸の里です。
その福井で活躍する若手陶芸家による手作りのお店「辻風」。
越前市のお店「辻風」以外でも様々な外部イベントを展開されています。
去年10月、越前市蔵の辻にて野外ウェディングが行われ、
辻風メンバー8名は約400個の灯りとりでこのイベントに参加されました。
灯りとりを使ったイベントは好評で、今回はそのイベントに使用された灯りとりと、各作家の新作をあわせてご紹介いたします。
若手の新しい試みをご支援いただき、ご高覧頂ければ幸いです。

出展作家

岩間竜二 桜井慶子 鈴間裕樹 宗倉克幸
夏梅由起代 毛利夕香里 山本里美 吉田逸平

■通信販売の法規(訪問販売法)に基づく表示
※ご購入には別途送料がかかります。

画像をクリックにて拡大画像が表示されます。

作品はひとつひとつ手作りです。
お届けする際、写真とは若干、形・お色が異なりますのでご了承くださいませ。

       
出展作家  :岩間 竜二

1976 福井県越廼村出身
1991〜1993 県美展 入選
2005 
現在に至る

左  あかりとり 小

 



穴からこぼれた光がお部屋を演出してくれます。




右  抹茶碗

 

手にしっくり馴染み、
抹茶の色もきれいに映えます。


左  茶碗

 

いつも食べる ごはんだから、気に入った茶碗で食べたいですね。



出展作家  :桜井慶子 工房名:さくら工房

19☆ 福井県福井市出身
2002 福井県窯業指導所修了
    福井市自宅にて作陶 現在に至る・・

右  あかりとり 蝶

 



蝶の文様が穴からこぼれた光でまるで飛んでいる かのように壁に映し出されます。


左  青磁小鉢

 

落ち着きのある器です。



右  花器 自然釉

 

お花がきれいに映えます。 とても使いやすい花器。



出展作家  :鈴間裕樹 工房名:陶処瓊(けい)

1971 埼玉県浦和市出身
1994 東海大学海洋学部増殖学科卒業
2001 沿岸海洋株式会社 寿退社 後福井県窯業指導所入所
2004 旧宮崎村共同陶房にて作陶
2005 越前市安養寺町に住居兼、仕事場をつくり作陶、現在に至る・・

左  あかりとり

 

サイズ W12×D12×H8cm



見る角度によっていろんな物に見えるあかり。



右  オートバイ

 

陶器のオートバイ、細かなところも忠実に作られています。




左  ネコのおきもの

 

かわいいネコのおきもの。座布団に寝ています。



出展作家  :宗倉克幸 工房名:宗倉陶業
1970 福井県越前市出身
1989 京都府立陶工職業訓練校卒業
1993〜越前市大虫の宗山窯にて作陶、現在に至る・・

右  あかり



ろうそくのあかりで楽しめます。

左  焼酎カップ

持ちやすく、使いやすいカップ。 いろんな飲み物をいれて使ってください。


右  フリーカップ

 

何をいれて楽しみますか? わくわくする器です。


出展作家  :毛利夕香里 工房名:夕陶房
1978 福井県三国町出身
2000 大阪美術専門学校 陶芸科卒業
浪速短期大学 デザイン科卒業
2001 大阪美術専門学校芸術研究科 工芸専攻卒業 今立にて作陶、現在に至る・・

左  灯りとり



灯りをつけると花が咲いたような灯りとり。




右  小鉢

かわいい、器。


左  花器

こころ落ちつく作品です。



出展作家  :山本里美
1978 福井県福井市出身
2001 大阪芸術大学工芸学科陶芸コース 卒業
2003 福井県窯業指導所専門コース 修了
現在、福井市にて作陶中

右  明かりとり 蓮壺 小



小さな灯りだけど存在感があります。



左  粉引 耳杯(楽)・(福)

粉引のやさしい器。持った感じもとてもやわらか。




右  粉引 波鳥紋 くみだし

粉引のやわらかい器。



出展作家  :吉田逸平 工房名:あかね陶房
1976 福井県宮崎村出身
1997 東京芸術音楽科中退
2001 あかね陶房にて作陶、現在に至る・・

左  「あかりB」

ろうそくの灯りで楽しんで。



右  ビアマグ

ビールがとてもおいしく呑めますよ。




左  「雛合子」

プレゼントしたくなる作品。



出展作家  :夏梅由起代 工房名:工房満月
1981 福井県鯖江市出身
2000 京都造形芸術短期大学洋画専攻卒業
2003 福井県窯業指導所修了
2003 越前町共同陶房にて作陶
2005 同町小曽原の仕事場へ引越し中・・

右  あかり

きれいな光が幻想的にこぼれます。



              

左  中鉢

おかずがよりいっそうおいしく見える器。




右  双眼鏡花生

そのまま飾っても、お花を飾っても存在感があります。 形は双眼鏡。


  

 

イベントTOP