■NEW!

 

最新の展示会情報は

ブログにて♪

↑画像をクリック

ブログへつながります♪

 

 

 

常設展示作品紹介
   
閉会した展示会
平成24年10月25日以降から 現在までの展示会は ブログにてご紹介しております。
 

 

平成24年〜

ステンドグラス工房
 HARBOR LIGHT
「手づくりのステンドグラス展」
第2回 木村好博 陶展  「暮しの中の器展」
柳瀬和之 作陶展 【つむぐ世界】I 編む joy
野生の温かみ・心のソファ・人間在中、イキモノ展
コーヒーをいっぱい楽しもう!!展
金津創作の森ガラス工房
EZRA GLASS STUDIO
作品展
加藤すみ子
ろうけつ染画展
〜バティックに惹かれつづけて〜
HISA展 お母さんの詩
「あなたに逢えた喜びを
消すような 悲しみは
どこにもない」
島田明依New水墨画展
−初夏へのメッセージ−
吉川浩市 木彫展
〜自然をモチーフとした木彫アート〜
石川雅夫×中西惠美子
 「草木染と染織」展
うるしの器+酒器+ぐいのみ展
越前和紙展
〜和紙を気軽に使おう〜
えとの「たつ」展
 

 

平成23年〜

灯り展
−温かな光につつまれる暮し−
薪窯から
生まれる器たち展
伊藤順康(のぶやす)
作陶展
チャリティ写真展
「ココロほっこり展」
秋色をさがす
柳瀬和之作陶展
お茶碗・湯のみ・
マグカップ展
市川孝一・市川晶子
「硝子二人展」
ふくい若手てづくり展
−和紙・漆・刃物・焼き−
高山和夫 色絵展
中田明守
九谷「暮らしの陶芸」展

アイエムヒロシ+
小早川眞理子= 二人展

木村好博
陶展「暮らしの中の器展」

春をまとう
草木染+染織展

越前和紙展
〜ふくいの紙〜
越前和紙の技と職人

6周年企画
えとの「うさぎ」展

 

 

平成22年〜

華の器たち

津村猛 作陶展

いろんな器展

〜毎日の道具〜

rakugakiya yu+hisa
ふたご展 2010

大森正人 作陶展

New水墨画 島田明依展 −夏―

韓国ポジャギ

金井雅子展

籐の四季

籐で彩る…エトセトラ

京刺繍

岡本浩次 小品展

書彩展 ―彩の煌き― 

(しょさいてん

−いろどりのきらめきー)

「草と蔓のあそび」

―信楽の土味―

迫 能弘・直美  陶展

陶「和工房」

手びねり器展

中西惠美子 
−「花の詩」展−

中西惠美子 
−「情熱の華」展−

越前和楽

柳瀬和之 作陶展

エズラグラススタジオ
作品展
 

 

平成21年〜

越前和紙とえとの「とら」
稲井田勇二 日本画展
布花とリアル盆栽展
英国アンティーク家具展
〜バティックに魅せられて〜加藤すみ子 ろうけつ染画展
レジン&るーぷアート 
"さりげなく個性を!"
四季おりおりを花にのせて展
I.M.Hiroshi
お日さまの画家2009
Fukui展
硝子の彩2009
織りと染め展 〜桜咲くころ〜
ラクジュアリー空間
―タワーグランデCHAアートギャラリー特別展―
けやき・木の器展
 

 

平成20年〜

越前和紙とえとの「うし」
池田仁嗣 近作展(いけだじんし きんさくてん)−花と風景−
New水墨画
あかりと花の器展
金津創作の森ガラス工房エズラグラススタジオ作品展
越前和紙とてんとう虫展
ホッペちゃん達と山ぶどうのつる」展
色いろ展 ―漉き・焼き・織り―
現代工芸福井会 小品展
大森正人 作陶展

石川雅夫とくさぎの会
草木染作品展 −春の風にさそわれて−

「草と蔓のあそび」
 

 

平成19年〜

越前和紙とえとの「ね」

そばsoba展−そばの道具・蕎麦の器−
あかりと花と食の器展part2
つかいたくなる陶の器展

"だいじょうぶ いつもいっしょだよ" 木版画とレーザー彫刻展

硝子の彩 2007

(財)池田屋 木の里工房 池田渋塗工芸展
ステンドグラス&モザイク展-透明と不透明-
ふくい現代工芸作家展13人展
草木染・染織−春の風に吹かれて−
セレクト・コレクト・小作品展 −飾る、見つける、アートに出会う−

さをりと和紙−心のままの織り・漉き展−

 

 

平成18年〜

越前和紙展
「漆琳会(しつりんかい)」−麗(うるわ)しき漆展−

椿窯 五島哲展

陶「和工房」あかりと花と食の器展
「森のガラス展」
「北海道民芸家具」
「ふくい現代工芸作家13人展」

前(まえ) 壽則(ひさのり) 展

wan展 -碗・椀-
「春の装い展−染織・七宝・籐−」
「 内藤堯雄(たかお)展 」
「辻灯りと新作展」
 

 

平成17年〜

「ふくい現代工芸作家18人展」
「人間国宝 芹沢_介展」
「木工と漆の工芸作家展」
「硝子の彩」
「どーぐ箱+ラクガキ屋 展」
「金津創作の森在住作家展」
「福井県若手陶芸作家展」
「灯りの工芸作家展」

「木のかおり 森林(もり)の香り展

「染織と七宝の輝き展」
「越前和紙と漆器のコラボレーション」
「食の文化を支える 打刃物展・陶器展」
「ふくい工芸作家18人展」

「Wan展 −椀・碗−」

日常の生活の中で、もっとも触れる事の多いうつわWan(わん)。今回は漆器と陶器の中でもWan(わん)だけに焦点を絞り上質で創造性あふれる作品をご紹介致します。
ひとことにWan(わん)と言っても漢字にすると漆器は『椀』、陶器は『碗』。その違いもあわせてご覧下さい。

出展作家

【漆器】 あたかや      
【陶器】 泉直樹 岩間竜二 小原拓 桜井慶子
鈴間裕樹 宗倉克幸 土本久美子 土本訓寛
開藍子 福島宏治 星川佳寿美 山本里美

■通信販売の法規(訪問販売法)に基づく表示
※ご購入には別途送料がかかります。

画像をクリックにて拡大画像が表示されます。

作品はひとつひとつ手作りです。
お届けする際、写真とは若干、形・お色が異なりますのでご了承くださいませ。

                 
出展作家  : 漆器 あたかや

 

左  suimon

 



ラインがとてもきれいな作品。
一番の自信作。





右  珈琲カップ・ソーサー(セット) 
洗朱・黒消

 

まんまるいフォルムがキュートで斬新なデザイン。漆器は熱いものを入れても熱が伝わりにくいので、持ってもあまり熱くないのが特徴。



左  4寸羽反汁椀 朱

 

ミズメ・見附布・端布

昔から伝わる椀の形。
自然と落ちつきます。
漆器を洗う時は中性洗剤で洗って、軽く水分を取って片付けてください。

※漆器を洗う時は食器洗浄機・食器乾燥機等は使用しないでください。



出展作家  :陶芸家 泉 直樹

1961  宮城県仙台市出身
1996  古川重山に師事
2001  独立 築窯

右  EMISHI碗

 

作家、一番の自信作。

このライン、なんとも言えない美しさがあります。



左  市松めし碗(赤)

 

形・デザインともに目が釘付けになる作品。

手に持った感じもとてもしっくり馴染みます。




右  市松煮物碗(黒)

 

いろいろなお料理を盛ってお使いください。

手作りの器は、料理がとても映えますよ。




出展作家  :陶芸家 岩間 竜二

1976 福井県越野村出身
1991〜1993 県美展入選

左  虫喰わん

 

作家、一番の自信作。

丸いフォルムがしっくりと馴染みます。




右  抹茶碗

 

見た感じとは違い、とても軽い抹茶碗。

抹茶の色もとても映えます。



左  天目茶碗

 

器のラインがとても綺麗です。
毎日、使うものだからお気に入りの器を使いたいですね。




出展作家  :陶芸家 小原 拓
1977 大阪出身
2000 芝浦工業大学工業部電気工業科 卒業
2005 福井県工業技術センター窯業指導所 修了
現在、越前町で作陶中

右  飯碗白(大)

作家、一番の自信作。

つや消しの感じが白米や雑穀米にとてもよく合います。



左  飯碗灰(中)

素朴な色合い。だから、ご飯の色がきれいに見えます。


右  飯碗緑(小)

 

小鉢としても使える器。とても軽いです。


出展作家  :陶芸家 桜井 慶子
福井県福井市出身
2002 福井県工業技術センター窯業指導所 修了
現在、福井市にて作陶中。

左  湯呑碗 青磁(しのぎ)

作家、一番の自信作
土を削り落とした形と青磁の組み合わせが洗練されていて素敵です。





右  フリーカップ わら白

大きめなので、コーヒー・ジュース・ビールなど、いろいろな飲み物を入れてお使いください。
やさしい色合いが人気です。



左  梅高台

青磁の器はお料理を引き立てます。

落ちつきのある色合いが素敵です。




出展作家  :陶芸家 鈴間 裕樹

1971 埼玉県浦和市出身
1994 東海大学海洋学部水産学科 卒業
2001 沿岸海洋調査株式会社 退社
2002 福井県工業技術センター窯業指導所 終了
2003 旧宮崎村共同陶房
2005 越前市に仕事場を移す

右  長石釉碗

作家、一番の自信作。

お茶の色がとても映えるので、新茶を入れて楽しんではいかがでしょうか?


左  土灰釉碗

作家、一番の自信作。
手にしっくり馴染んで持ちやすい。
飲み物をいれたり、デザートをいれたり、
使いかたはいろいろ楽しめます。



右  めし碗

ご飯を盛った感じがとても美味しそうに見えます。
手に持った感じもやさしくフィットします。


出展作家  :陶芸家 宗倉 克幸
    1968 福井県越前市出身
    1989 京都府立陶工職業訓練校 卒業
    1993 越前市大虫の宗山窯にて作陶中

左 茶碗 木箱付

作家、一番の自信作
模様と色の組み合わせがとても素敵な抹茶碗です。


右  蓋付碗

とてもシックな碗
蓋は取り皿として、小皿としても使えます。どんぶりはもちろん、お味噌汁を入れて汁碗としても使えますよ。




左 碗。(茶)

碗(ワン)が犬の顔になっているとてもユニークなお茶碗です。


出展作家  :陶芸家 土本 久美子

1976 広島県広島市出身
1999 宝塚造形芸術大学 卒業
2000 福井県工業技術センター窯業指導所 修了
2004 カナサ窯として2人で活動を始める

右  三島茶碗 福

作家、一番の自信作。
福と寿のペアで夫婦茶碗になります。
アジアンチックな感じが素敵です。


              

左  三島茶碗 寿

とても、シックな感じが人気です。
プレゼントに最適ですよ。



右  焼きしめ茶碗

焼きしめ風合いがとてもやさしく、

使えば使うほどに味が出てきます。


出展作家  :陶芸家 土本 訓寛

1979 福井県高浜市出身
1997 岡山県吉備高原学園高校陶芸コース卒業
1998 福井県工業技術センター窯業指導所 修了
1999 モンゴルにて遊牧民生活体験
2001 越前町小曽原にて築窯
2004 カナサ窯として2人で活動を始める

右  碗 

作家、一番の自信作。
白く流れる感じや淡く桃色がかった部分がやさしく、春の器といった感じです。


              

左  焼〆碗 小

焼きしめ風合いがとても素朴でやさしく、使えば使うほどに味が出てきます。

 

右  くすり碗 小

大きめの器。素材の色が綺麗に見えるので、盛鉢として活躍しますよ。


出展作家  :陶芸家 開 藍子

1978 富山県高山市出身
2000 女子美術大学芸術部工芸科
陶芸コース 卒業
2003 福井県工業技術センター窯業指導所専門コース 修了

右  涙型枕

作家一番の自信作。
つるんとした感じが手に馴染んでほっと和みます。
飲み物や食材の色が綺麗に映える器です。


              

左  いのしし

小皿として、盛り鉢として、花器として、
いろいろ楽しめる器です。

 

右  白釉両面丸皿

両面使える丸皿。白くて綺麗な器。
ぱっと目を引く器です。


  
出展作家  :陶芸家 福島 宏治
1969 福井県福井市出身
1998 大森正人氏に師事
1999 独立
福井市に焔奏窯 築窯

右  ケヤキ灰 抹茶碗

作家、一番の自信作。
薄緑の色と形が優しい感じです。


              

左  飯碗

小鉢としても使える、色も涼しげでデザインが特徴的。
料理が綺麗に映えます。

 

右  小鉢

足が四足になっている小鉢。
サラダを盛っても、料理を盛っても、
品の良い器。
これからの季節デザート皿としてもお使いいただけます。


  
出展作家  : 陶芸家 星川 佳寿美
1998 愛知県出身
2002 やきもの製造・販売を生業指導所 修了
2004 福井県工業技術センター窯業指導所 修了
現在、旧宮崎村共同陶房にて作陶中

右  ブルーライン

作家、一番の自信作。
大きめでブルーのラインが描かれたお茶碗。
とても綺麗な形とシンプルな感じがご飯を引き立てます。


              

左  ビードロ(小)

少し小さめの碗
飯碗として、小鉢として、カフェオレボールとして、使い方を楽しんでください。

 

右  サーモンピンク

ゆのみ碗。
丸い形がとてもキュート。持った感触もやさしい風合いです。
  
出展作家  :陶芸家 山本 里美
1978 福井県福井市出身
2001 大阪芸術大学芸術学部工芸学科陶芸コース 卒業
2003 福井県工業技術センター窯業指導所 専門コース 修了
現在、福井市にて作陶中

右  波鳥紋

作家、一番の自信作
優しい色合いと、描かれた絵がかわいい器です。


              

左  花紋(小)

粉引きの風合いが優しい器。
とても人気があります。

 

右  スウジ フリーカップ

粉引きの器は持った感じがとてもやわらか。スウジの文様が個性的。


  

イベントTOP