■NEW!

 

最新の展示会情報は

ブログにて♪

↑画像をクリック

ブログへつながります♪

 

 

 

常設展示作品紹介
   
閉会した展示会
平成24年10月25日以降から 現在までの展示会は ブログにてご紹介しております。
 

 

平成24年〜

ステンドグラス工房
 HARBOR LIGHT
「手づくりのステンドグラス展」
第2回 木村好博 陶展  「暮しの中の器展」
柳瀬和之 作陶展 【つむぐ世界】I 編む joy
野生の温かみ・心のソファ・人間在中、イキモノ展
コーヒーをいっぱい楽しもう!!展
金津創作の森ガラス工房
EZRA GLASS STUDIO
作品展
加藤すみ子
ろうけつ染画展
〜バティックに惹かれつづけて〜
HISA展 お母さんの詩
「あなたに逢えた喜びを
消すような 悲しみは
どこにもない」
島田明依New水墨画展
−初夏へのメッセージ−
吉川浩市 木彫展
〜自然をモチーフとした木彫アート〜
石川雅夫×中西惠美子
 「草木染と染織」展
うるしの器+酒器+ぐいのみ展
越前和紙展
〜和紙を気軽に使おう〜
えとの「たつ」展
 

 

平成23年〜

灯り展
−温かな光につつまれる暮し−
薪窯から
生まれる器たち展
伊藤順康(のぶやす)
作陶展
チャリティ写真展
「ココロほっこり展」
秋色をさがす
柳瀬和之作陶展
お茶碗・湯のみ・
マグカップ展
市川孝一・市川晶子
「硝子二人展」
ふくい若手てづくり展
−和紙・漆・刃物・焼き−
高山和夫 色絵展
中田明守
九谷「暮らしの陶芸」展

アイエムヒロシ+
小早川眞理子= 二人展

木村好博
陶展「暮らしの中の器展」

春をまとう
草木染+染織展

越前和紙展
〜ふくいの紙〜
越前和紙の技と職人

6周年企画
えとの「うさぎ」展

 

 

平成22年〜

華の器たち

津村猛 作陶展

いろんな器展

〜毎日の道具〜

rakugakiya yu+hisa
ふたご展 2010

大森正人 作陶展

New水墨画 島田明依展 −夏―

韓国ポジャギ

金井雅子展

籐の四季

籐で彩る…エトセトラ

京刺繍

岡本浩次 小品展

書彩展 ―彩の煌き― 

(しょさいてん

−いろどりのきらめきー)

「草と蔓のあそび」

―信楽の土味―

迫 能弘・直美  陶展

陶「和工房」

手びねり器展

中西惠美子 
−「花の詩」展−

中西惠美子 
−「情熱の華」展−

越前和楽

柳瀬和之 作陶展

エズラグラススタジオ
作品展
 

 

平成21年〜

越前和紙とえとの「とら」
稲井田勇二 日本画展
布花とリアル盆栽展
英国アンティーク家具展
〜バティックに魅せられて〜加藤すみ子 ろうけつ染画展
レジン&るーぷアート 
"さりげなく個性を!"
四季おりおりを花にのせて展
I.M.Hiroshi
お日さまの画家2009
Fukui展
硝子の彩2009
織りと染め展 〜桜咲くころ〜
ラクジュアリー空間
―タワーグランデCHAアートギャラリー特別展―
けやき・木の器展
 

 

平成20年〜

越前和紙とえとの「うし」
池田仁嗣 近作展(いけだじんし きんさくてん)−花と風景−
New水墨画
あかりと花の器展
金津創作の森ガラス工房エズラグラススタジオ作品展
越前和紙とてんとう虫展
ホッペちゃん達と山ぶどうのつる」展
色いろ展 ―漉き・焼き・織り―
現代工芸福井会 小品展
大森正人 作陶展

石川雅夫とくさぎの会
草木染作品展 −春の風にさそわれて−

「草と蔓のあそび」
 

 

平成19年〜

越前和紙とえとの「ね」

そばsoba展−そばの道具・蕎麦の器−
あかりと花と食の器展part2
つかいたくなる陶の器展

"だいじょうぶ いつもいっしょだよ" 木版画とレーザー彫刻展

硝子の彩 2007

(財)池田屋 木の里工房 池田渋塗工芸展
ステンドグラス&モザイク展-透明と不透明-
ふくい現代工芸作家展13人展
草木染・染織−春の風に吹かれて−
セレクト・コレクト・小作品展 −飾る、見つける、アートに出会う−

さをりと和紙−心のままの織り・漉き展−

 

 

平成18年〜

越前和紙展
「漆琳会(しつりんかい)」−麗(うるわ)しき漆展−

椿窯 五島哲展

陶「和工房」あかりと花と食の器展
「森のガラス展」
「北海道民芸家具」
「ふくい現代工芸作家13人展」

前(まえ) 壽則(ひさのり) 展

wan展 -碗・椀-
「春の装い展−染織・七宝・籐−」
「 内藤堯雄(たかお)展 」
「辻灯りと新作展」
 

 

平成17年〜

「ふくい現代工芸作家18人展」
「人間国宝 芹沢_介展」
「木工と漆の工芸作家展」
「硝子の彩」
「どーぐ箱+ラクガキ屋 展」
「金津創作の森在住作家展」
「福井県若手陶芸作家展」
「灯りの工芸作家展」

「木のかおり 森林(もり)の香り展

「染織と七宝の輝き展」
「越前和紙と漆器のコラボレーション」
「食の文化を支える 打刃物展・陶器展」
「ふくい工芸作家18人展」

セレクト・コレクト・小作品展 
−飾る、見つける、アートに出会う−

芸術表現やモノづくりをライフワークや趣味として、制作活動を行っている 県内のハンドメイド作家やクリエイターたちによる作品展を開催致します。    
写真、イラスト、陶芸、京刺繍、小物、クラフトなど、多彩なジャンルの作品を展示。お気に入りの作品を見つけたり、部屋に飾ったり、プレゼントにしたりできる、気軽なアートとの出会いをお楽しみいただけたらと思っております。
今回、初めて作品・展示発表に挑戦する方もいらしゃいます。作家たちの新しいチャレンジにもご期待ください。

出店作家 野世信水(墨アート、写真)  山口康二郎(写真)
前田まゆみ(フォトグラム)  永岡章(風景画)
岡本浩次(京刺繍) 小原理絵(昆虫イラスト)
森石おまり(ねこ作家) 滝川美樹(天然石アクセサリー)
ヨシオカクミコ(雑貨) saura(イラスト)
高橋由紀(針穴写真) イトウユキコ(陶器)

■通信販売の法規(訪問販売法)に基づく表示
※ご購入には別途送料がかかります。

画像をクリックにて拡大画像が表示されます。

作品はひとつひとつ手作りです。
お届けする際、写真とは若干、形・お色が異なりますのでご了承くださいませ。

セレクト・コレクト・小作品展
−飾る、見つける、アートに出会う−
平成19年2月18日(日)〜3月11日(日)

野世 信水(墨アート・写真)

1953年 福井市生まれ
10才の頃カメラを買い、ご近所をスナップする。
1990年代から抽象写真を始める。
1999年から、墨ネガ写真を始める。
同じ頃から、墨の絵を始める。

福井県美展知事賞(1995年)ほか
福井県写真展二席(1996年)ほか
『アサヒカメラ』月例モノクロの部2位・3位・5位(1999年)
新協美術展写真部門入選(2001年)
FUKUIサムホール展イザワ賞(2003年)ほか

2000年個展(福井県立美術館)
2006年息子と二人展(ギャラリー233)
2007年個展(ギャラリーみちくさ)9月予定
その他、グループ展多数

福井光学雑技団所属
HP「gallery monochrome」http://shin-art.hp.infoseek.co.jp/


左  Blue Dance(額装)

 

サイズ:W22×H22cm

青と黒がとてもシックな作品。



右 sumi−V(額装)


サイズ:W22×H22cm

墨の流れを自由に

そのまま作品にした額。
壁に掛けられて、

卓上タイプにもなりますので、

好きな場所に飾ってください。


山口 康二郎(写真)
1957年 福井市生まれ

●個展●
1981年 「子供の不思議な角笛」(新潟ニコンミニギャラリー)
1985年 「ロマンティック」(東門画廊 三ノ宮)他
●グループ展●
1985年 コンポラ・コンポ‘85「つるかめせんかい?」(大阪府立現代美術センター)
2002年 福井光学雑技団「写真未満」(鯖江市文化の館)他
●企画●
1985年 「DOPA道頓堀パフォーマンスアワー」(大阪 戒橋)
1996年 堀尾貞治震災画展「震災を描いた男」(みくに未来館 三国町) 
●他●
1992年 福井市美展 市長賞
1997年 福井県美展 知事賞
福井県美展無鑑査 福井光学雑技団に参加

HP http://f17.aaa.livedoor.jp/~swival/


左 No sense of direction #2 (額装)

サイズ:W26×H35cm

モノトーンが落ち着きを感じさせる作品。



右  旅行かばん


約20枚のスナップ写真と

写真を立てる洗濯バサミが

2つのセット。
箱付できちんと収納できて、

気軽に飾れる写真セット。


前田 まゆみ(フォトグラム)

坂井市在住
光と影の魅力に惹かれ、自分らしい写真を求め続けています。
「カメラを使わない写真」
印画紙に直接モチーフを配置して露光する写真技法。

HP http://f17.aaa.livedoor.jp/~swival/


左  2007「花屋」 (額装)

 

サイズ:W33.5×H44cm

植物をモチーフにしたフォトグラム。
白と黒のコントラストが素敵です。




右  2007「花屋」 (額装)



サイズ:W33.5×H44cm

植物をモチーフにしたフォトグラム
シンプルな作品は

どこにでも合いますよ。

永岡 章(風景画)

福井市生まれ
自宅にて絵画教室主催

一陽展・日伯現代美術展・北陸中日展・県美展・市美展受賞
ペルー美術展出品
美浜美術展美浜発電所20周年記念特賞(1990)
現代洋画精鋭選抜展銅賞(1995)
一陽会会友・県美展無鑑査

外国の風景を中心に作品を発表・個展20数回

2001年個展(ギャラリーミウラ・・・神戸)
2002年個展(福井県立美術館)
2003年個展(エルフ福井)
2005年グループ展・似顔絵展

作家HP  http://www6.ocn.ne.jp/~showa/


左 アッシジ(イタリア)(額装)
アクリル・ガラス

サイズ:W31.5×25.5cm

明るく優しい作品。心が落ち着きます。




右  漁夫の砦(ハンガリー)(額装)
アクリルボード


サイズ:W30×H39cm

明るく温かい作品。優しい気持になります。


岡本 浩次(京刺繍)

1940年 京都生まれ
19歳より京刺繍の修行を始め、年季奉仕を修めて28歳で独立。
一品物の着物・帯を刺繍する間、現皇后陛下の振り袖を刺繍させて頂く機会に恵まれる。
昭和50年福井県に移る。43歳より不況の為サラリーマン生活を送りながら刺繍を続け、 定年後本格的に再開。
2001年福井県文化祭に作品が出品され、地元で個展。
また、神戸ファッション美術館での「世界の刺繍展」にてすかしゆり賞(FBC賞)を受賞、 秋に金沢で個展。
2004年福井県で開かれたプレ国民文化祭工芸部門で入選。
2005年1月「金津創作の森」で個展。
2005年10月「国民文化祭ふくい2005」美術展のポスターの刺繍をする。
2006年3月あわら市「茶茶」で個展。

京都上(かみ)の加藤の縫いの四代目。京刺繍の伝統を残すとともに、新しい京刺繍の世界を目指して制作の日々を送っている。

HP http://www1.odn.ne.jp/~cjw48370/


左  ツインバード(額装)



サイズ:W27.5×H22cm

草木染めの絹糸から作られた京刺繍の作品。色がとてもきれいで華やかです。角度によって見え方が変わりますよ。



右  桜(雪輪)



サイズ:W18×H22cm

桜がとても素敵な作品。玄関などに飾るととても素敵です。


小原 理絵(昆虫イラスト)

福井市在住


左  とんぼ(額装)

 

サイズ:W21×H16cm

昆虫イラスト。
リアルだけど、どこかかわいい。



右  てんとうむし(額装)

 

サイズ:W16×H21cm

昆虫イラスト。
リアルだけど、どこかかわいい。


森石 おまり(ねこ作家)

1967年 大阪生まれ
幼稚園時代に粘土の感触、紙・クレヨンのにおいに魅了され、そのまま現在に至る
1994年 仕事のため福井県勝山市に移住
1997年 招き猫を作り始める
図書館・ペンション・喫茶店・そば屋「八助」・LOFT(福井店和紙売り場)
平成の招き猫100人展(愛知県瀬戸市)・スキージャム勝山 etcにて作品展

HP ハンドメイドネットギャラリー COLORS
http://colors.lomo.jp/mori/index.html


左  べぇ〜

サイズ:W8×D7×H16cm

おちゃめな招き猫。
仕上げには越前和紙を使用しています。



右  さんかく

 

サイズ:W7×D6×H10cm

なんだか憎めない招き猫。
仕上げには越前和紙を使用しています。


滝川 美樹(天然石アクセサリー)

東京都出身 勝山在住
ありったけの人生を送りつつ、石(天然石)にたどり着く。
その後は石まっしぐら。

HP ハンドメイドネットギャラリー COLORS
http://colors.lomo.jp/taki/index.html


左  ブルーカルセドニーのネックレス

サイズ:長さ調節出来ます(皮紐)

小さなとかげが付いていて春らしいブルーがきれいです。
アクセントに 天然石を使用しています。



右  ブラックオニキスのネックレス

 

サイズ:80cm

長めのネックレス。春を素敵に演出してくれるアイテムです。


ヨシオカクミコ(雑貨)

勝山市在住
デザイン事務所勤務後、現在はフリーのグラフィックデザイン+イラストレーター。
ミシンがけによって癒され、主に数字入りのバッグを作っている。

HP ハンドメイドネットギャラリー COLORS

http://colors.lomo.jp/yoshioka/index.html


左 ちょっと箱バックNO.5 しずく

 

サイズ:W17×D7×H17.5cm

ちょっとお買い物にちょうどいい大きさのバッグ。



右  ワンショルダー

 

サイズ:W25×H33cm

ショルダータイプのバッグ。身軽の行動をしたい春にピッタリ。


saura(イラスト)

福井市在住
工学部卒業。就職後、社会人学生として芸術学(理論)を学び始める。
美術における「文字」に興味を抱いており、制作以外に書くこともしている。
制作活動は芸大卒業後。主に植物を題材に描く。
2006年「ART GLUE FESTA 2006」で極際〜kiwakiwa〜」としてユニットを組んで出展。


左 ハス(額装)アクリル

 

サイズ:W12.5×H10cm

幾何学な文様がとても個性的。
植物をモチーフにしています。



右  イチジク(額装)アクリル

 

サイズ:W12.5×H10cm

不思議な空間が広がる作品。
サイズは小さいからお部屋に飾りやすいです。


イトウユキコ(陶器)

神奈川県横浜市出身 あわら市在住


左 トリランプ(スタンド付)

 

サイズ:W16×D8×H14cm

電球の明るさは5W。

ほのかな灯りのトリランプ。
かわいい鳥がキュートです。
※(5W以上ですと、

火傷・火災の恐れがあります。)



右  トリランプ(常夜灯)

サイズ:W16×D8×H9cm

電球の明るさは5W。

ほほのかな灯りのトリランプ。
かわいい鳥がキュートです。

お部屋にあると癒されます。
※(5W以上ですと、火傷・火災の恐れがあります。)


高橋 由紀(針穴写真)

1973年 福井県に生まれる
2001年 東京工芸大学 芸術学科 修了
2003年 企画展「ピンホール写真2003展」参加
京都:ギャラリーイシスにて
日本ポラロイド社ピンホールフォトコンテスト入賞
福井光学雑技団グループ展参加、針穴写真ワークショップ企画開催など
針穴写真での創作活動を行う。

HP  http://mutumisou.cdx.jp/


左 針穴写真

 

サイズ:W22×H27cm

すてきな針穴写真。
不思議な空間が広がります。



右  針穴写真

 

サイズ:W27×H22cm

すてきな針穴写真。
不思議な空間が広がります。


イベントTOP