■NEW!

 

最新の展示会情報は

ブログにて♪

↑画像をクリック

ブログへつながります♪

 

 

 

常設展示作品紹介
   
閉会した展示会
平成24年10月25日以降から 現在までの展示会は ブログにてご紹介しております。
 

 

平成24年〜

ステンドグラス工房
 HARBOR LIGHT
「手づくりのステンドグラス展」
第2回 木村好博 陶展  「暮しの中の器展」
柳瀬和之 作陶展 【つむぐ世界】I 編む joy
野生の温かみ・心のソファ・人間在中、イキモノ展
コーヒーをいっぱい楽しもう!!展
金津創作の森ガラス工房
EZRA GLASS STUDIO
作品展
加藤すみ子
ろうけつ染画展
〜バティックに惹かれつづけて〜
HISA展 お母さんの詩
「あなたに逢えた喜びを
消すような 悲しみは
どこにもない」
島田明依New水墨画展
−初夏へのメッセージ−
吉川浩市 木彫展
〜自然をモチーフとした木彫アート〜
石川雅夫×中西惠美子
 「草木染と染織」展
うるしの器+酒器+ぐいのみ展
越前和紙展
〜和紙を気軽に使おう〜
えとの「たつ」展
 

 

平成23年〜

灯り展
−温かな光につつまれる暮し−
薪窯から
生まれる器たち展
伊藤順康(のぶやす)
作陶展
チャリティ写真展
「ココロほっこり展」
秋色をさがす
柳瀬和之作陶展
お茶碗・湯のみ・
マグカップ展
市川孝一・市川晶子
「硝子二人展」
ふくい若手てづくり展
−和紙・漆・刃物・焼き−
高山和夫 色絵展
中田明守
九谷「暮らしの陶芸」展

アイエムヒロシ+
小早川眞理子= 二人展

木村好博
陶展「暮らしの中の器展」

春をまとう
草木染+染織展

越前和紙展
〜ふくいの紙〜
越前和紙の技と職人

6周年企画
えとの「うさぎ」展

 

 

平成22年〜

華の器たち

津村猛 作陶展

いろんな器展

〜毎日の道具〜

rakugakiya yu+hisa
ふたご展 2010

大森正人 作陶展

New水墨画 島田明依展 −夏―

韓国ポジャギ

金井雅子展

籐の四季

籐で彩る…エトセトラ

京刺繍

岡本浩次 小品展

書彩展 ―彩の煌き― 

(しょさいてん

−いろどりのきらめきー)

「草と蔓のあそび」

―信楽の土味―

迫 能弘・直美  陶展

陶「和工房」

手びねり器展

中西惠美子 
−「花の詩」展−

中西惠美子 
−「情熱の華」展−

越前和楽

柳瀬和之 作陶展

エズラグラススタジオ
作品展
 

 

平成21年〜

越前和紙とえとの「とら」
稲井田勇二 日本画展
布花とリアル盆栽展
英国アンティーク家具展
〜バティックに魅せられて〜加藤すみ子 ろうけつ染画展
レジン&るーぷアート 
"さりげなく個性を!"
四季おりおりを花にのせて展
I.M.Hiroshi
お日さまの画家2009
Fukui展
硝子の彩2009
織りと染め展 〜桜咲くころ〜
ラクジュアリー空間
―タワーグランデCHAアートギャラリー特別展―
けやき・木の器展
 

 

平成20年〜

越前和紙とえとの「うし」
池田仁嗣 近作展(いけだじんし きんさくてん)−花と風景−
New水墨画
あかりと花の器展
金津創作の森ガラス工房エズラグラススタジオ作品展
越前和紙とてんとう虫展
ホッペちゃん達と山ぶどうのつる」展
色いろ展 ―漉き・焼き・織り―
現代工芸福井会 小品展
大森正人 作陶展

石川雅夫とくさぎの会
草木染作品展 −春の風にさそわれて−

「草と蔓のあそび」
 

 

平成19年〜

越前和紙とえとの「ね」

そばsoba展−そばの道具・蕎麦の器−
あかりと花と食の器展part2
つかいたくなる陶の器展

"だいじょうぶ いつもいっしょだよ" 木版画とレーザー彫刻展

硝子の彩 2007

(財)池田屋 木の里工房 池田渋塗工芸展
ステンドグラス&モザイク展-透明と不透明-
ふくい現代工芸作家展13人展
草木染・染織−春の風に吹かれて−
セレクト・コレクト・小作品展 −飾る、見つける、アートに出会う−

さをりと和紙−心のままの織り・漉き展−

 

 

平成18年〜

越前和紙展
「漆琳会(しつりんかい)」−麗(うるわ)しき漆展−

椿窯 五島哲展

陶「和工房」あかりと花と食の器展
「森のガラス展」
「北海道民芸家具」
「ふくい現代工芸作家13人展」

前(まえ) 壽則(ひさのり) 展

wan展 -碗・椀-
「春の装い展−染織・七宝・籐−」
「 内藤堯雄(たかお)展 」
「辻灯りと新作展」
 

 

平成17年〜

「ふくい現代工芸作家18人展」
「人間国宝 芹沢_介展」
「木工と漆の工芸作家展」
「硝子の彩」
「どーぐ箱+ラクガキ屋 展」
「金津創作の森在住作家展」
「福井県若手陶芸作家展」
「灯りの工芸作家展」

「木のかおり 森林(もり)の香り展

「染織と七宝の輝き展」
「越前和紙と漆器のコラボレーション」
「食の文化を支える 打刃物展・陶器展」
「ふくい工芸作家18人展」

ふくい現代工芸作家展13人展

福井県の伝統工芸の産地を中心として振興をはかり、工芸における新しい芸術性の追求を目指し、純粋な創作活動をされてきた先生方の作品展を開催いたします。
今回で4回目となります「ふくい現代工芸作家展」では13名の作家達が陶芸・漆・木彫・籐・染織・七宝と様々なジャンルの手作りの工芸作品を展示いたします。

手作りのモノには一つ一つ表情があり温かさがあります。手に取ると感じること、目で見て感じること様々です。作家達の想いが込められています。
落ち着いた手作りの良さを感じていただき、日常生活の中に取り入れていただければと思っております。

◆出展作家◆

陶芸 大谷桂子 司辻光男 高橋桓
田村民男 前田義郎 三田村利美
冨田忠志 森田清照  
木彫 鈴木良一    
竹田厚子    
染織 安本十九子    
七宝 石黒政子 日芳隆子  

■通信販売の法規(訪問販売法)に基づく表示
※ご購入には別途送料がかかります。

画像をクリックにて拡大画像が表示されます。

作品はひとつひとつ手作りです。
お届けする際、写真とは若干、形・お色が異なりますのでご了承くださいませ。

ふくい現代工芸作家展13人展
平成19年4月13日(金)〜平成19年5月13日(日)

大谷桂子(陶芸)

平成7年  武生市民美術展大賞受賞無鑑査となる
平成9年〜県美展出展連続入選
平成10年 母、娘との三人展「3世代3人展」
平成15〜19年 日本現代工芸展連続入選
平成16年 自宅に「桂窯」を開窯
平成18年 夫との二人展「絵と陶 夫婦の遊々展」
社団法人現代工芸美術家協会会友
桂工房として陶芸、茶道、華道教室を開講中

コメント
私と陶芸の出会いは25年前となります。
近くの働く婦人の家(式部ふれあい館)に陶芸教室が出来たことを知り、茶道や華道を趣味としておりましたので、自分の作った花器に花を入れ、自分の作った食器や茶道具でお茶会が開けたらどんなにすばらしいだろうと入会し、現在に至っています。
これからも手捻りにこだわり、手のぬくもりが伝わるような作品を作っていきたいと願っております。


左  花器「立てても倒しても」

 

サイズ:15×7×22cm

立てても倒しても使える花器



右 ふくろう銚子・ふくろう杯


サイズ:8×9×12cm(銚子)
径7×4.5cm

ふくろうは「福来朗」「不苦労」と書かれ
縁起の良い ものとされています。
皆様に福をもたらしますようにと作家が願いを込めて 作りました。

司辻光男(陶芸)

昭和22年  越前町(旧宮崎村)に生まれる
昭和43年  県美展工芸賞受賞以来県知事賞他5回
         昭和53年より無鑑査出品
昭和48年  朝日陶芸展入選以来4回入選
昭和49年  中日国際陶芸展入選以来4回入選
昭和52年  第9回日展初入選以来17回入選
         宮崎村文化奨励賞受賞
昭和53年  第17回日本現代工芸展入選以来毎年入選
         県文協新人賞受賞
昭和58年  第22回日本現代工芸美術展現代工芸賞受賞
         県美展審査委員(59年、62年、元年、4年、8年)
昭和59年  県美展理事、県文化協議会理事
昭和60年  県立丹生高等学校に陶壁、「早春」「宙」を制作する
昭和61年  越前陶芸公園に園名碑を制作する
昭和62年  第26回日本現代工芸美術展現代工芸会員賞受賞
昭和63年  第27回日本現代工芸美術展審査委員
平成 3年  日展会友に推挙される
         越前陶公園にモニュメントを制作する
平成 4年  第30回日本現代工芸美術展出品作「叩き文“器”」がドイツ、 
         フランクフルト工芸美術館主催の
         「伝統と前衛“今日の日本の工芸”」に選抜出品される
平成 5年  福井県立美術館主催の第2回「郷土の作家たち展」に選抜され
         出品する
         福井商工会議所に陶壁「かなたへ」を制作する
平成 6年  福井県文化芸術賞受賞
平成 7年  第27回日展出品作「兆し」が特選を受賞する
平成 8年  第35回日本現代工芸美術展審査員
         第28回日展無鑑査出品
平成10年  ふくい健康の森・生きがい交流センターに陶壁「波の舞い」を
          制作する
平成11年  日本現代工芸美術展受賞作「麗姿」が福井県立美術館買い上げ
          永久保存となる
平成12年  第32回日展出品作「秋嶺」が2回目の特選を受賞する
平成13年  第33回日展無鑑査出品
平成14年  第41回日本現代工芸美術展審査委員
平成14〜16年 第34回〜第36回日展委嘱出品
平成17年  第37回日展審査委員
平成18年  社団法人日展会員に推挙される
        社団法人日本現代工芸美術家協会監事に推挙される
現在     社団法人日展会員
        社団法人日本現代工芸美術家協会監事
        越前陶芸協会会員


左 角花瓶

サイズ:径10×23cm

野の花が綺麗に映える花入。


右  丸皿

サイズ:径25×4cm

盛り皿として、インテリアとして飾って
もお使いいただけます。


高橋桓(陶芸)

福井市民美術展   審査員
福井県総合美術展  入選連続23回(58年初)
福井県総合美術展  入賞2回
福井県総合美術展  無鑑査会員(平成8年)
日本現代工芸美術展 入選16回(63年初)
日展        入選2回(平成8年初)
平成3年度市民文化奨励賞受賞
平成8年      77(ななつ)の喜び 個展
平成18年     米寿「伝統と現代」陶芸個展
日本現代工芸美術家協会会員
現代工芸福井会会員

趣味としてやりはじめた陶芸の世界、今は越前焼にとりつかれています。
作家、宗倉稔氏に師事し、ようやく自分なりに納得の出来る作品が造れるようになりました。
しかし、この道は深く、まだまだ勉強不足で、個性を生かした作品の作陶に努力したいと思っています。
伝統と現代がぶつかり合ったところに生まれるものの、何かを期待しながらこの道を更に追求したいと考えています。


左  オブジェ

サイズ:37×37×66cm




田村民男(陶芸)

昭和 7年 越前市(旧武生市)高木生まれ
昭和28年 丹生郡越廼村越廼小学校教諭
昭和30年 織田町に移住
昭和36年 焼き物に感動 陶芸の道に入る
昭和39年 七人作陶展 福井市民ホール
      (雨田・山田・越野・原子・北野・梅藤・田村)
昭和42年 塑像「若い力」制作 織田中学校校門横
昭和51年 県総合美術展 知事賞 受賞
      日展 初入選「北陸のフロスト」
      織田町陶芸研究奨励賞 受賞
昭和52年 日本現代工芸展 初入選「呼鳥の浸蝕」
昭和57年 県文化協議会 理事
      現代工芸美術家協会会員に推挙される
昭和58年 陶壁「夢」制作 織田中学体育館ロビー
昭和59年 日本現代工芸美術展会員賞受賞「コンセプション」
昭和60年 日本現代工芸美術展 審査員
昭和61年 日展 会友に推挙される(入選11回)
      陶壁「飛躍」制作 朝日西小学校玄関
      モザイクタイル「羽ばたく」制作 朝日西小学校ホール
平成 元年 県文協、文化芸術賞 受賞
      第21回日展、特選 受賞「萌芽」
平成 2年 日展 無鑑査出品
平成 3年 現代工芸美術家協会監事に推挙される
平成 5年 織田中学校長を最後に教壇を退く
平成 6年 日本現代工芸美術展 審査員
平成 7年 福井新聞社、福井放送、広告賞トロフィー制作
      土と炎の35年個展(福井新聞社ギャラリー)
平成 8年 織田町文化協議会会長
平成 9年 郷土の作家たち展(34点出品)県立美術館主催
      織田中学創立50周年記念モニュメント制作
      第29回日展、特選 受賞「環聚=97」
平成11年 第31回日展 委嘱出品
      福井県(県立美術館)作品買上(特選作)
平成12年 第39回日本現代工芸美術展 審査員
      第32回日展 審査員
      民藤作品展40年個展 愛知県知立市(画廊じんがら)
平成13年 織田町制50周年記念芸術文化功労賞 受賞
平成14年 福井県文化賞受賞
平成18年 県政功労者教育文化功労賞受賞
日展会員
現代工芸美術家協会参事
現代工芸美術家協会福井会委員長
日展福井県作家会会長



右  双耳灰釉 花入

サイズ:径12×28cm

お花が良く映える花入。素敵なお花を一輪挿して、お部屋に彩を。



左 青磁耳付 花入

サイズ:径12×24cm

そのまま飾っていただいても、とても素敵な青磁の花入。

前田義郎(陶芸)

1941年3月   福井県丹生郡宮崎村江波に生まれる
1972年     父 陶秀に師事
1957年〜79年 福井県グッドデザイン展でデザイン賞受賞
1979年〜80年 福井伝統工芸展で受賞
1980年     福井県総合美術展で県文協賞受賞
1980年より   日本現代工芸美術展に入選
1982年     朝日陶芸展(第20回記念展)入選
1982年〜83年 福井県総合美術展で県教育委員会賞受賞
1984年     日展入選(第16回展)
1985年より   福井県総合美術展 実行員
1986年     越前陶芸公園モニュメント デザイン制作
1986年     福井銀行宮崎支店陶壁デザイン制作
1988年     福井県芸術祭賞受賞
日展入選(第20回記念展)
1989年     日本現代工芸美術展 現代工芸賞受賞(会員)
1990年より   日本現代工芸美術展 会員出品
日展入選(第22回展)
1990〜91年  福井県総合美術展審査員
1991年     宮崎村文化奨励賞受賞
1992年     日本現代工芸美術展 会員賞受賞
1992年〜93年 福井県文化協議会理事
1996年     日展入選(第28回展)
福井県優秀技能者知事表彰
1997年     日展入選(第29回展)
福井県総合美術展審査員(第50回記念展)
1998年     日展入選(第30回展)
1999年     日展入選(第31回展)
2000年     伝統的工芸品近畿通商産業局長表彰
2001年     日展入選(第33回展)
福井県総合美術展審査員
2004年     日展入選(第36回展)



右  織部ツマミ水盤


サイズ:26×20×11cm

とっても使いやすい水盤です。

お水をはってお花を浮かべても綺麗ですよ。


左  三角タタラ皿

サイズ:22×13.5×2cm

お菓子皿に使ったり取り皿に使ったり、
いろんな使い方が出来るタタラ皿。


三田村利美(陶芸)

1948年 福井県越前市(旧武生市)に生まれる
1992年 創作「三人展」 土のつぶやきが聞こえる
1993年 県美展 入選
1995年 日本現代工芸展 入選
1996年 創作 「三人展」  蓮
       Be美展 奨励賞
1998年 陶芸と写真展(瓜生館)
1999年 日本現代工芸会友となる
2003年 日本現代工芸会会員となる
       県美展 福井県教育委員会賞
       南条5人のアーティストたち
       南越前町にて作品展(9月28日〜10月14日)
       第35回 日展 入選
2004年 日本現代工芸 入選
       国民文化際  入選 佳作
       第37回 日展 入選 (2回目)
2006年 第38回 日展 入選 (3回目)
       県美展 池田町議会議長賞
       現代工芸美術家協会会員

コメント
山に囲まれた南条の、朝もやが山々を包みながら夜が明ける風景を作品に表したいと想いながら作陶し続けております。


右  「夜明け前」一輪さし

サイズ:径17×21cm

ブルーのコントラストが綺麗な花入。
そのまま飾っても素敵です。



左  「朝もや」花入れ

 

サイズ:径21×12cm

ブルーのコントラストが綺麗な花入。


冨田忠志(漆)

昭和49年 福井県鯖江市に生まれる
平成 7年 輪島の芸術院会員 三谷吾一氏に師事
平成11年 第52回福井総合美術展 工芸初入選
平成12年 第39回日本現代工芸美術展初入選
(以降6回入選)
平成13年 第54回福井県総合美術展
(福井テレビ賞受賞)
平成14年 第41回日本現代工芸美術展
(現代工芸新人賞・現代工芸賞受賞)
第55回福井総合美術展
(知事賞受賞)
第34回日展初入選
平成15年 第56回福井県総合美術展
(福井県文化協議会賞受賞)
平成16年 第36回日展入選
プレフェスタ国文祭・ふくい2005美術展
(福井県教育委員会賞受賞)
平成17年 第20回国文祭・ふくい2005美術展
(福井市教育委員会賞受賞)
日本現代工芸美術家協会本会員
現代工芸福井会会員

コメント
若い子が興味を持ち、
扱いやすい物をと考えながら
ものづくりをしている。


右  立忠うさぎ 小物入(木製・漆)

 

サイズ:径10×4.5cm

愛くるしいうさぎを

モチーフに沈金した作品。
お菓子などを入れておもてなしに。



左  立忠うさぎ 夫婦茶碗(木製・漆)



サイズ:径11×7cm

愛くるしいうさぎを

モチーフに沈金した作品です。
漆には温もりがあります。


森田清照(漆)

昭和25年 福井県鯖江市に生まれる
昭和53年 越前漆器展理事長賞
昭和55年 越前漆器展理事長賞
全国漆器展 全国観光物産斡旋
連合会長賞
県美展初出品 大野市長賞
昭和56年 現代工芸美術展初出品 入選
日展初出品 入選「大地の恵み」
県美展文化協議会賞
昭和58年 現代工芸美術展 入選
県美展入選
昭和59年 現代工芸美術展 入選 会友に推挙される
県美展入選
昭和60年 現代工芸美術展 入選 
日展入選「未知へ」
県美展 小浜市長賞
昭和61年 現代工芸美術展 入選
県美展 知事賞 無鑑査に推挙される
昭和62年 現代工芸美術展 現代工芸賞 会員に推挙される
福井県文化協議会新人賞を受ける
日展入選「マイ・アップル」
昭和63年 現代工芸美術展 無鑑査に推挙される
日展入選「破殻」
平成 2年 現代工芸美術展 現代工芸会員賞
日展入選「渚にて」
平成 3年 県美展審査員
平成 4年 県美展審査員
日展入選「環」
平成 5年 現代工芸美術展審査員
日展入選「故郷の山」
平成 7年 日展入選「豊伸」
平成 8年 日展入選「豊穰の森」
平成10年 日展入選「豊穰の秋」 会友に推挙される
県美展審査員
平成11年 日展入選「スパイラル」
平成12年 日展入選「浜辺の詩」
平成13年 日展入選「豊穰の海」
平成14年 日展入選「萌芽」
県美展審査員
平成15年 日展入選「浜辺の詩」
県美展審査員
日展会友
現代工芸美術家協会本会員



右  挽丸皿

 

サイズ:径24×2cm

お客様をもてなす器として。


左  四方盆(一閑)

サイズ:23×3cm

御菓子などを盛り付けて。


鈴木良一(木彫)

昭和46年 福井県鯖江市生まれ
平成 3年 富山県井波彫刻 仏師 砂田清定氏に師事
平成10年 日本現代工芸美術展「貝の器」初入選
平成12年 日本現代工芸美術展「TOWER」入選
日展「大樹のインコ」初入選
平成13年 日本現代工芸美術展「樹海蒼月」入選
平成14年 日展「牡牛2002」入選
平成15年 日本現代工芸美術展 入選
日展「牡牛2003」入選
平成16年 日展「大地讃」入選
平成17年 日本現代工芸美術展「律」新人賞



右  鯉

 

サイズ:31×9×12cm

手彫りの作品。


左  福ふく(桧)

サイズ:13×7×6cm

ふっくらした手彫りされたふぐ。
心が和みます。


竹田厚子(籐)

昭和28年8月 福井市生まれ
平成 4年   福井県総合美術展 初入選
平成 6年   日本現代工芸美術展 初入選(以来、毎年入選)
平成 7年   福井県総合美術展 県教育委員会賞受賞
平成 8年   日本現代工芸美術家協会 会友となる
平成 9年   福井県総合美術展 第50回記念賞受賞
平成10年   第30回 日展 初入選
平成11年   第38回 日本現代工芸美術展 現代工芸賞受賞
日本現代工芸美術家協会 本会員となる
平成12年   福井県総合美術展 県教育委員会賞授賞
第32回 日展 入選
平成13年   福井県総合美術展 無鑑査 推挙となる
平成14年   第34回 日展 入選
平成16年   第36回 日展 入選
平成18年   福井総合美術展 審査員となる
現代工芸美術家協会本会員
日展福井会会員
現代工芸福井会会員

コメント
籐編み。
色々な作品を造る時、私は、
“この形だったらどんな編み方が お似合いかな”と考えます。
沢山の編み方の中から選んでいく時、とても楽しいものです。
どなたにでも作品を楽しんで使って頂ければと思っております。



右  バッグ「彩」

 

サイズ:28×11×19cm

お着物でも洋服でもマッチします。
これからの季節に欲しいですね。


左  バッグ「布入り」

サイズ:29×12×16cm

とっても素敵なバッグ。
浴衣でもデニムでも合いますよ。


安本十九子(染織)

コメント
毎日、楽しく、
自然を愛でながら織機に向かい手足を動かしています。植物からいろんな色を頂き感動しながら染めた糸。
喜びと感謝を込めて織りあげました。



右  グレータペストリー(毛)

サイズ:23×120cm

優しい雰囲気のタペストリー。
お部屋がやさしさに包まれます。


左  マフラー(梅の木のこけ)

サイズ:18×92cm

手織のマフラー。
優しい風合いです。


石黒政子(七宝)

昭和16年 福井県坂井郡丸岡町に生まれる
平成 元年 5月より七宝を学ぶ
11月県美展に初出品にて 初入選
平成 2年 県美展 FBC福井放送賞
現代工芸美術家協会に入会
平成 3年 現代工美術展初出品 初入選
日展初出品 初入選「空色」
県美展 入選
平成 4年 現代工芸美術展 入選
県美展 入選
平成 5年 現代工芸美術展 現代工芸賞・現代工芸会友に推挙される
平成 6年 現代工芸美術展 入選 
県美展 入選
平成 7年 県美展 入選
平成 8年 現代工芸美術展 入選
県美展 入選
平成11年 県美展 入選
平成13年 現代工芸美術展 入選
現代工芸美術家協会会員に推挙される
平成15年 現代工芸美術展 入選
平成16年 現代工芸美術展 入選
現代工芸美術家協会本会員に推挙される
プレフェスタ国文祭ふくい2005にて 福井市文化協会賞
平成17年 現代工芸美術展 入選
第20回国文祭ふくい2005 福井県教育委員会賞
日展入選「華想」
平成18年 現代工芸美術展 入選
県美展 入選
平成19年 現代工芸美術展 入選

コメント
仕事を辞めなければならない状況になったとき、
家に居ながら自分ひとりで出来ることがないだろうかと、
考えてはじめた七宝ですが少しずつ続けています。
今は心の支えになっています。



右  ハンドミラー(扇形)

 

サイズ:7×5cm

扇形の鏡。化粧ポーチに入れても
かさばらないですよ。


左  ブローチ(小花三角)

サイズ:7×3.5cm

春らしい色合いのブローチ。
母の日のプレゼントにいかがでしょうか。


日芳隆子(七宝)

平成 9年 日本現代工芸美術展 初入選
平成11年 日本現代工芸美術展 会友
平成14年 日展 第34回展 初入選
平成15年 日本現代工芸美術展 会員

コメント
公募展以外はアクセサリーを主として制作しています。
オリジナルの物が作られないかと、
いつも思っています。



右  ペンダント

 

サイズ:径5cm (ひもは調節できます。)

大き目のペンダントトップ。
Tシャツにも合いますよ。


左  銀溶断ブローチ

サイズ:5×3cm

シルバーの輝きと七宝の輝きがプラスされて、
綺麗で可愛いブローチです。


イベントTOP